屋形船という言葉は聞いたことがあるけれど、実際に利用したことはないという人も少なくないことでしょう。
屋形船は今や生活に必須の乗り物ではなくなりました。
陸上交通が発達したことにより、水の町として栄えた江戸も船無しで行き来することが可能になったのです。
そんな現代において屋形船は娯楽の一つとして受け入れられています。
今回は屋形船についてあまり詳しくない人のために、屋形船に関する細かな疑問について解消していきましょう。

屋形船といえば宴会場としてのイメージが強く、それゆえ貸切でないと利用出来ないのではと考えている人がいるかもしれません
確かに屋形船業者は貸切利用を推奨していますが、最近ではいわゆる乗合タイプの屋形船も増えています。
乗合とはバスや電車のように見知らぬ他人同士が同じ船に乗り合わせるというものです。
こうした屋形船では食事やお酒を楽しめるので、いわゆる通常の飲食店と変わらぬ形式で利用することが可能といえます。
ただし、屋形船は基本的に予約が必須であるという点にご注意ください。

船という特殊な環境で料理を提供する都合上、事前にお客の数がわかっている状態で仕込みなどをする必要があるからです。
屋形船の何が面白いのかわからないという人は、まず一度乗ってみてください。
面白さをあえて説明するのであれば、非日常の体験とそれを彩る風流な景色、そして美味しいお酒や料理です。
船に乗るのが仕事という人以外、ほとんどの方は水面に揺られて過ごすことはないでしょう。
屋形船は当然ながら船である一方、揺れの少ない河川や湾を周遊するため、船酔いしにくいとされています。
つまりは、船独特の浮遊感を味わいながらも、体調が崩れにくい乗り物なのです。

こうした非日常の体験と外を流れる風景が重なると、脳裏に深く刻み込まれるほど印象的な思い出となるのです。
屋形船は通常のランチやディナーよりもお高めの値段だと思われがちですが、
それを凌駕するほどに上質のサービスを味わえます。
船に常駐しているスタッフは誰しもがプロであり、料理やお酒も極上です。
獲れたての魚を使った刺身や、和食によく合う日本酒に舌鼓を打つ人もいることでしょう。
オプションを利用すれば飲み放題や揚げたての天ぷらといった贅沢を重ねることが可能なのも屋形船の特徴です。
屋形船ではこれ以外にもお客を楽しませる工夫やサービスが展開されています。
着物を貸し出してくれる屋形船業者や、芸者をはじめとした宴会を盛り上げてくれるプロの派遣など、
いつもとは違った雰囲気で過ごしたいときに最適なアミューズメントなのです。

http://www.funatabi.jp/course/odaiba/