屋形船は送別会をはじめとした宴会の会場としてだけではなく、デートなどのプライベート感が強いイベントにも活用されています。
屋形船でデートというと意外に思う人もいるかもしれませんが、殊の外ロマンチックな雰囲気に浸れると密かに人気を集めているのです。
今回は屋形船デートをする際のポイントや注意したい点について詳しく見ていきましょう。

最初のポイントはランチとディナーのどちらで利用するかを決めることです。
屋形船業者は昼と夜の2つの時間帯で営業していることがほとんどですが、プランによって料金や提供する料理が全く異なってきます。
原則としては一般的な飲食店と同様に、ランチタイムは比較的リーズナブルな値段で食べられるところが多いようです。
ディナーはランチよりもお高い料金になりがちですが、料理がグレードアップしていたり、お酒の飲み放題が付いていたりするといった特典も見られます。

予算と時間の都合を確認したうえで、どちらを利用するのか決めてください。
屋形船照射を選ぶ際には、舟宿までどうやって移動するのかも事前に打ち合わせておきましょう。
舟宿とは屋形船に乗り込むために必要な船着き場のことです。
バス停や駅のようなもので、屋形船利用者はここから船に乗り込んでクルージングを楽しむことになります。
舟宿は当然ながら河や海の近くにありますから、そこまでの移動手段を確保しなくてはいけません。
恋人と舟宿で待ち合わせるのは野暮といわれかねませんので、そこまでどう移動するかはプロデュースする側の手腕にかかっています。
おすすめは屋形船業者が用意してくれる送迎バスに乗るというものです。

送迎バスの多くは駅前など人通りが多いポイントでお客を拾ってくれるので、
そこで待ち合わせをしておけばデートらしさを演出することが出来ます。
デートで活用する屋形船の多くは乗合タイプです。
他のお客も一緒の船に乗ることになりますから、それを念頭に置いた服装を心掛けてください。
屋形船の種類によってはテーブルで他のお客と区切られた席に案内してもらえることもあります。

カップル向けのプランを用意している屋形船であればそういった配慮をしてくれる可能性が高いので、
恋人との空間を邪魔されたくない人はそちらをご利用ください。
屋形船ではガツガツと料理を貪るのではなく、余裕のある態度でクルージングを楽しみましょう。
変わりゆく風景を恋人と鑑賞しながら、まったりとお酒や料理に舌鼓を打つのが大人の屋形船の楽しみ方です。
普段見ている風景でも、屋形船から眺めると全く違う景色に変わります。
恋人との思い出深いデートを、屋形船で美しく演出してみましょう。